2011/03/15

どうか頑張ってください!

自分がすぐに心を寄り添えることが出来る人たちとして、やっぱり小劇場でお芝居を打っている人たちのことを思います。


地震の当日は金曜日・・・本番当日の方たちもいたでしょうし、翌日から始まる予定、仕込みの段階の方たちもたくさんいたと思います。


今週来週再来週に舞台を予定をされていた劇団の方もまた同じですね。


今までいっぱいの稽古、大変な思い、たくさんの制作費を使ってやっとその場所にたどり着いたのだと思います。


仕方なく中止を決められた方もいらっしゃっただろうし、今上演しようかどうしようか迷っていらっしゃる劇団関係者方たち、劇場側からの返事を待っている途中の方もいるでしょう。


そんなこといってる場合かパンチといわれればその通りかもしれないのだけど、でもやっぱりその方たちの、言葉では言い表せない複雑な心境を思うと本当に心が痛みます。


もし自分がその立場におかれていたらと考えると、心の底からぞっとします・・・。


どうか・・・どうかお願いですから頑張ってください<(_ _)>


私にできるのは本当にそれだけしかありませんが、心から次回公演(今回公演をする方には今公演も)の成功を祈っていますexclamation×2
posted by 夢野さくら at 13:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

▲このページのTOPへ

最近の記事
カテゴリ
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
過去ログ
検索ボックス

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク集

連載モノ

連載小説
小説「14番目の月」好評連載中!
日記
夢野さくらのブログ。
日常生活が覗けちゃう・・・かも
稽古場日誌
この公演はいかにして創られたのか!
稽古風景をちょっとだけ紹介しちゃいます。
 All written by: 夢野さくら