2008/08/05

ありえない湿気

夕方から家を出た。
うちの方は今日もほとんど雨が降ってなかったんだけど、電車で約15分の大手町に着いた途端、ものすごい雷雨
たった15分でこんなに天気が違うものかexclamationと驚いた。
ダーリンが言うには、隣の駅とうちの駅の間にある川を渡った途端、天気が一変したらしい。
なんか、うちの近所ってへんな場所なんだなぁ^^;
東京23区に大雨洪水警報なんか出ててもほとんど雨降らないし。
そんなことを考えつつ電車に乗り、大手町に着いた途端ものすごい湿気で、洋服の裏地がべっとり足に張り付いて気持ち悪かった。
でもその約数時間後の湿気といったら、「ありえない」としか言いようがなかった。
仕事を終えて建物を出た途端、あまりの湿気に東南アジアかと思っちゃったよ。
イヤイヤそれ以上だったかもがく〜(落胆した顔)
これほどの湿気は、ジメッとした東京でもほとんど体験したことがないような気がする。
もう一刻も外に出ていたくない感じ。
急いで地下鉄の階段を下り、これまたジメジメとした地下道を歩き、なんとかクーラーの効いた電車に乗ったときにはホッとしちゃった。

さて、明日は銀座で「ぼく生き」に出演してくれた川野くんに会う。
川野くんは今年のお芝居にもいろいろ協力してくれて、若いのに本当に頼りになるんだよねぇ。
川野くんとは今年の6月(だっけ?)に川野くんの劇団のお芝居を観に行ったっきり。
そのときには本当に軽い挨拶くらいしか出来なかったので、明日はもう少しちゃんと話せるかな。
川野くん、明日はよろしくお願いいたします<(_ _)>
posted by 夢野さくら at 20:59 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲このページのTOPへ

最近の記事
カテゴリ
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去ログ
検索ボックス

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク集

連載モノ

連載小説
小説「14番目の月」好評連載中!
日記
夢野さくらのブログ。
日常生活が覗けちゃう・・・かも
稽古場日誌
この公演はいかにして創られたのか!
稽古風景をちょっとだけ紹介しちゃいます。
 All written by: 夢野さくら