2008/10/13

粗立ちと深めの稽古

今稽古は粗立ちの真っ最中exclamation×2
今回はアンサンブルが多いので、役者さんのNGが多い日はなかなか大勢のシーンの粗立ちが進まない。
そんなときは、2人だけしか出てないシーンの稽古を進めている。
2人だけしか出てないシーンは全部で4箇所。
昨日はその中で、主人公の真とその母親のシーンの稽古を進めた。
このシーンもまだ2回ほどしか稽古してないんだけど、やっぱりなかなか難しいね^^;
心のやり取りがメインなので(うちの芝居はそんなシーンがとても多いのです)、気持ちが理解できないうちはただセリフを言ってるだけになってしまう。
とはいっても、まだまだやり始めたばっかりなので、焦る必要は全然なしexclamation×2

そういえば・・・小雪ちゃん役の亀山君が、すでに一人であせっている(^_^;)
まだまだ全然焦んなくていいよと言ってるんだけど、「今一人焦り状態です・・・」と言っていた(笑)
粗立ちしかやってない段階で、そんなに焦ることないのにねぇ^^;
posted by 夢野さくら at 12:17 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲このページのTOPへ

最近の記事
カテゴリ
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去ログ
検索ボックス

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク集

連載モノ

連載小説
小説「14番目の月」好評連載中!
日記
夢野さくらのブログ。
日常生活が覗けちゃう・・・かも
稽古場日誌
この公演はいかにして創られたのか!
稽古風景をちょっとだけ紹介しちゃいます。
 All written by: 夢野さくら