2008/11/08

第2回目の通し稽古

今日は突然第二回目の通し稽古と相成りましたexclamation
全くやるはずじゃなかったんだけど、昨日稽古場にいらした舞台監督さん(今回始めてご一緒する岩戸さんという方です黒ハート)が、できれば稽古場を変わる前に通しを見てみたいとおっしゃっていたので、急遽今日することに昨日の夕方決まった^^;
なんせ稽古場が変わる前に全員集まれる日は今日だけだったので・・・。
突然の通しということで、それを発表したときにはちょっと稽古場はざわついた(^_^;)
でも私はそんなことは全く気にしないので(少しは気にしろと言う意見もチラホラ・・・)、強引に通し稽古をすることにしたんだけど、やっぱり突然ということもあって、前半はあまりいいとはいえない状態だった。
セリフは抜けるしテンポはのろい。
まぁテンポはまだ上げていく前なのでいいとしても、そろそろセリフは完璧になってほしいところ。
役者さんはせりふを忘れると「あれ?」という表情をして、気持ちも抜けてしまう事が多々あるのです。
後半は主役の真役の中牧君がなかなかがんばっていて、シーンを盛り上げてくれた。
まだまだ気持ち駄々漏れって感じで、構成とか調整とか出来てないんだけど、でも気持ちはないよりは駄々漏れくらいのほうが当然いいぴかぴか(新しい)
ないものを出すのは一苦労だけど、あるものを抑えるのはそれほど難しくないからね。
彼は主役ということもあり、非常にがんばってチケットも売っているし、このまま伸びていってほしいところ。
期待してるからがんばってね、中牧君るんるん
posted by 夢野さくら at 00:54 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

▲このページのTOPへ

最近の記事
カテゴリ
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去ログ
検索ボックス

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク集

連載モノ

連載小説
小説「14番目の月」好評連載中!
日記
夢野さくらのブログ。
日常生活が覗けちゃう・・・かも
稽古場日誌
この公演はいかにして創られたのか!
稽古風景をちょっとだけ紹介しちゃいます。
 All written by: 夢野さくら