2009/07/15

メール性格診断

最近・・・というか一年位前から、メールの文章を見たり、やり取りの感じを見ると、その人のヒトトナリがなんとな〜くわかるようになってきた。

占いとかじゃないので、それが本当に正確かどうかはわからないけど、私の中では結構な確率で当たる。

キャスティングや演出助手募集、手伝ってる友達の会社で、先に私が出したメールに対する返事とか、募集を出した記事に対する返事とかがとてもわかりやすいんだけど、こちらが質問した物事に即した答えを返してこない人は結構いる(-_-;)

物事の本質を捉える力が弱いとでもいえばいいのか?

必要じゃないことに対する答えはいっぱい返してくるけど、必要なことは1つも入ってないなんてこともある。

どれほど分かりやすい文章を考えても、砕いて砕いて粉々になってしまいそうなくらいに噛み砕いて書いても、やはり一番必要な答えは返ってこない(-_-;)

そういう人は、だいたいにおいて途中でリタイアしてしまう。

わざわざ自分の写真をメールに添付して、プロフィールも載せてキャスティング募集に応募してきても、オーディションに来なかったりする^^;

でもそういう人は、最初の応募メールを見るとだいたいわかる。
あ〜・・・この人きっと来ないなぁ・・・ってね。

そうはいっても一応募集してきてくれたので、ちゃんとオーディションテキストをお送りし、確認のメールもするんだけど、うんともすんともいってこない。

やっぱりなぁ・・・とは思うけど、やはり最後まで対応してしまう私。
連絡先までちゃんと載っているので、テキストは届きましたか?の電話をしたら、「はぁ・・・郵送ですかぁ?」「いえ、パソコンの方ですが・・・」「そうですかぁ・・・まだ確認してないんでぇ」だとむかっ(怒り)

送って何日経ったと思ってるんだぁパンチ 郵送だぁ? 私、あなたの住所知りませんけどむかっ(怒り) 私に教えてないですよねexclamation&question住所パンチとも思うけど、やっぱりexclamation×2という思いのほうが大きい。

とりあえず電話口では冷静に「パソコンにお送りしましたので、確認してご連絡をお願いします。オーディション当日にはそちらを印字してお持ちください<(_ _)>」と言ってみた。

相手は「はぁ・・・」

電話を切った途端、今までなんとなく「こいつきっとオーディション来ないなぁ・・・・」と思っていた思いが、「絶対こないexclamation」と確信exclamation×2

そしてやはり来なかった^^;

その他にも、メールではいろんなことがわかる。
「この文章は、きっと人の話をちゃんと聞かない人だろうなぁ・・・」とか、しっかりした文章なのに、やり取りをしている過程でなんとな〜く「きっとこの人アバウトな人な気がする・・・」とかね。

そしてそれが実際にあってみると驚くほど当たっているのです手(チョキ)

友達とかならある意味全然いいんだけど、お仕事を一緒にさせていただくにおいては、やはり「ちゃんとしている」と感じるメールをくれる人としたいと、最近切に思います(^_^;)
posted by 夢野さくら at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30569745

この記事へのトラックバック

▲このページのTOPへ

最近の記事
カテゴリ
<< 2013年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
過去ログ
検索ボックス

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク集

連載モノ

連載小説
小説「14番目の月」好評連載中!
日記
夢野さくらのブログ。
日常生活が覗けちゃう・・・かも
稽古場日誌
この公演はいかにして創られたのか!
稽古風景をちょっとだけ紹介しちゃいます。
 All written by: 夢野さくら